BLOOD-C The Last Dark

『攻殻機動隊』シリーズなどで知られるアニメ制作会社Production I.Gが手掛ける「BLOOD」シリーズからテレビアニメ化された「BLOOD-C」の劇場版。東京を舞台に、日本刀を携えた女子高生の小夜と“古きもの”たちのし烈な戦いや、抑圧された若者と秘密組織との激しい攻防、そして愛憎入り乱れる復讐(ふくしゅう)劇をバイオレンス描写と共に繰り広げる。メガホンを取るのは、「BLOOD」シリーズのほか、『東京マーブルチョコレート』の監督で「戦国BASARA」などにも参加している塩谷直義。東京を血で染める衝撃の展開から目が離せない。
東京では青少年保護条例が敷かれ、未成年の夜間外出やインターネットの利用が制限されていた。水面下で戦う若者たちのチーム、サーラットは、東京を支配する七原文人の背後にある秘密組織“塔”が実験で人間を使っているという情報をキャッチする。一方、サーラットのメンバーは、塔の目的を調べるために地下鉄を調査していたが、そこに異形のモノが出現。すると日本刀を手にした少女、小夜が現われ……。

「movie」に戻る

BLOOD-C