黒子のバスケ(1期)
『黒子のバスケ』は、藤巻忠俊によるバスケットボールを題材とした少年漫画作品。「週刊少年ジャンプ」に連載。 帝光中学バスケ部。全中三連覇を誇る輝かしい歴史の中でも、10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれていた。 そして「キセキの世代」には天才5人が一目置いていた選手がもう1人…幻の6人目がいた…。 アメリカ帰りの荒削りなパワープレイヤー高校生・火神大我。彼の入学先、誠凛高校バスケ部で出会ったのは、超・地味な少年、黒子テツヤ。バスケは全然上手くないというかむしろ下手、そして存在感もなさ過ぎる黒子に幻滅する火神だったが、彼こそが「影が薄すぎるゆえの、見えないパス回し」を武器とする、「キセキの世代」の幻の6人目だった! 火神とともに打倒「キセキの世代」を誓う黒子。「影」と「光」の快進撃が今はじまる!

1話「黒子はボクです」
2話「本気です」
3話「勝てねェぐらいがちょうどいい」
4話「逆襲よろしく!」
5話「お前のバスケ」
6話「2つ言っておくぜ」
7話「すごいもん見れるわよ」
8話「改めて思いました」
9話「勝つために」
10話「困ります」
11話「そんなもんじゃねえだろ」
12話「『勝利』ってなんですか」
13話「信じてました」
14話「そっくりだね」
15話「笑わせんなよ」
16話「やろーか」
17話「ふざけた奴ばっかりだ」
18話「嫌だ!!」
19話「新しい挑戦へ」
20話「なりたいじゃねーよ」
21話「始めるわよ」
22話「死んでも勝つっスけど」
23話「大人じゃねーよ!」
24話「カン違いしてんじゃねーよ」
25話「オレとおまえのバスケ」(最終回)

黒子のバスケ2期 黒子のバスケ3期 黒子のバスケ LAST GAME 劇場版

オープニングテーマ「Can Do」GRANRODEO
エンディングテーマ「Start it right away」ヒャダイン

黒子のバスケ声優
黒子テツヤ:小野賢章
火神大我:小野友樹
黄瀬涼太:木村良平
緑間真太郎:小野大輔
相田リコ:斎藤千和
日向順平:細谷佳正
伊月俊:野島裕史
小金井慎二:江口拓也
笠松幸男:保志総一朗
高尾和成:鈴木達央