新世紀エヴァンゲリオン
2000年9月13日に南極で発生したセカンドインパクトと呼ばれる大災害後の地球を舞台とする。その大惨事から復興しつつあった2015年の人類は、使徒と呼称されるあらたな脅威に見舞われていた。国連の下部組織である特務機関NERV(ネルフ)は、襲来する使徒を殲滅するため、汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオンを極秘に開発していた。そのパイロットには、まだ14歳の多感な少年・少女が選ばれ、世界の命運を託されたのであった。主人公である14歳の碇シンジは、幼少時のトラウマと父親との疎遠な関係から、他人と接触を好まない内向的な少年であるが、NERVの司令である父親によって、EVA初号機のパイロットとして選任される。碇シンジをはじめとするEVAのパイロットたちは、世界の命運を託され、命をかけて戦うという閉鎖的な極限状態に置かれることとなり、追い込まれ傷つき病んでいく。セカンドインパクトの真相、襲来する使徒の正体、そして秘密裏に進められる「人類補完計画」の全貌。多くの謎がちりばめられ、主人公シンジの成長と挫折を追いながら物語は進んでいく。

1話「使徒、襲来」 at/sd
2話「見知らぬ、天井」 at/sd
3話「鳴らない、電話」 at/sd
4話「雨、逃げ出した後」 at/sd
5話「レイ、心のむこうに」 at/sd
6話「決戦、3新東京市」 at/sd
7話「人の造りしもの」 at/sd
8話「アスカ、来日」 at/sd
9話「瞬間、心、重ねて」 at/sd
10話「マグマダイバー」 at/sd
11話「静止した闇の中で」 at/sd
12話「奇跡の価値は」 sd
13話「使徒、侵入」 at/sd
14話「ゼーレ、魂の座」 at/sd
15話「嘘と沈黙」 at/sd
16話「死に至る病、そして」 at/sd
17話「四人目の適格者」 at/sd
18話「命の選択を」 at/sd
19話「男の戰い」 at/sd
20話「心のかたち人のかたち」 at/sd
21話「ネルフ誕生」 at/sd
22話「せめて、人間らしく」 at/sd
23話「涙」 at/sd
24話「最後のシ者」 at/sd
25話「終わる世界」 at/sd
26話「世界の中心でアイを叫んだけもの」(最終話) at/sd

新世紀エヴァンゲリオン 声優
碇シンジ:緒方恵美
綾波レイ:林原めぐみ
式波・アスカ・ラングレー:宮村優子
渚カヲル:石田彰
葛城ミサト:三石琴乃
赤木リツコ:山口由里子
加持リョウジ:山寺宏一
碇ゲンドウ:立木文彦
冬月コウゾウ:清川元夢
伊吹マヤ:長沢美樹
青葉シゲル:子安武人
日向マコト:優希比呂
鈴原トウジ:関智一
相田ケンスケ:岩永哲哉
洞木ヒカリ:岩男潤子
キール・ローレンツ:麦人

ハッピーメール

イククル イククル