WHITE ALBUM
平凡な大学生活を送る藤井冬弥はアイドルの森川由綺と交際していた。仕事と大学の合間を縫って互いに想いを確認し合う2人。だが、彼女の人気が上昇するにつれ次第にその距離は広がっていく。由綺と同じ芸能プロダクションのトップアイドル理奈との出会いなど、それは2人の関係に何をもたらすのだろうか……。

前半
1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」
2話「ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」
3話「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」
4話「想像を超えてわかり合えてるって、感じる時がある。逆の時も多いけどね」
5話「邪魔をするのが、近しい人間だけとは限らない。知らない人ほど、手厳しい」
6話「悩みを忘れるいい方法。他人のトラブルに首を突っ込んでみるってのは、どう?」
7話「イメージはどんどん構築しなきゃ。ただでさえ、端から崩れてくものなんだから」
8話「時間がない時ほど、多くの事ができる。やってしまう。もちろん、恋だって」
9話「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言」
10話「一人相撲が虚しいのは、一人だからってだけじゃない。観客の目が、痛いんだ」
11話「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」
12話「縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと」
13話「器が傾いてるのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね」

後半
14話「チューニングが合ったためしがない。もっと良好な場所があると思ってしまう」
15話「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」
16話「小さい頃を想って、恥ずかしさに身悶えすることがある。それに比べれば」
17話「バレてほしい嘘がある。信じてほしくないホントウがある。一つずつ、ある」
18話「虫が良すぎるんじゃない?殻に閉じこもってるくせに、閉所恐怖症なんて」
19話「飽きるから次に進めるという。大抵は、進む前にもう飽きてるみたいだけど」
20話「恋愛は理屈じゃない。そう語り合う恋人達は、詩人、評論家、哲学者」 sd
21話「別れ道まで戻りたいと思う。右にすれば良かったって。後悔だけのそんな道程」 sd
22話「口べたで悩んでる?目で会話してみるといい、すぐにしゃべりたくなるから」 sd
23話「看病や手料理を期待して、風邪をひきたくなる。後の苦しみは想像もしない」 sd
24話「夜は何もしてくれないよ。色あせるのは太陽のせいだし」 sd
25話「他人が悪い。自分は悪くない。他人だけが悪い。自分だけが――」 chia
26話「僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく」(最終話) chia

WHITE ALBUM 声優
藤井 冬弥:前野智昭
森川 由綺:平野綾
緒方 理奈:水樹奈々
澤倉 美咲:高本めぐみ
河島 はるか:升望
篠塚 弥生:朴璐美
観月 マナ:戸松遥
七瀬 彰:阪口大助
冬弥の父:宮林康
平良木:平勝伊

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX イククル

ハッピーメール 出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX